« 旧・ヲタク奮闘記13 | トップページ | さて・・・ »

2006年11月24日 (金)

旧・ヲタク奮闘記14

Sちゃんは積極的な子だった。

一緒に歩いていると自分から腕を組んできたり

別れぎわに突然キスしてきたり・・・

彼女は俺に求められる嬉しさを教えてくれた。

でも、先輩や両親にちゃんと報告しようと言っても

首を縦に振ってはくれなかった・・・・

挨拶に行くといっても「後でいいから・・・」と言って

譲ってくれなかった。

その理由を知る事になるのに時間はかからなかった・・・

ある日、彼女から電話がかかってきた。

・・・・彼女は泣いていた・・・・

俺と逢っていることを打ち明け

それを許してもらえなかたから・・・・

俺はすぐにでも両親に会いに行こうと思ったが

彼女がそれをとめて・・・・・

彼女の泣き声を聞く日々が続いた・・・・

兄である先輩に彼女が助けを求めても

俺が挨拶に来ないのが気に食わない、と怒鳴られた

らしい・・・・

「味方がいない・・・四面楚歌だよ・・・・」泣きながら

彼女は言った・・・俺にはどうする事もできなかったが

もう、彼女を泣かせたくない・・・・

そう思い、多少強引に家を訪ねる事にした。

・・・最悪の結末を迎えるとも知らず

ただ彼女と幸せになりたくて・・・・・

日取りを決め彼女の家を訪ねた。

そこには、彼女と両親がいた・・・が

彼女は話の前に追い出されてしまった。

俺は2対1で責め立てられることとなった

・・・・大事な話だというのに酒を飲んでるやつらに・・・

話し合いにならなかった・・・・

ただ「娘にとってお前はじゃまだ」と

言い続けられた。

彼女の泣く姿、親の理不尽・・・・

俺はそこで壊れたんだと思う・・・・・

俺は・・・彼女と今までで一番愛した彼女と別れた。

彼女の兄を憎み

彼女の両親を憎み

何より自分を憎んだ

自分自身が許せない・・・それは今も続いてる。

彼女を想い続け・・・自分を憎み続け・・・

俺は心も身体もボロボロになった・・・・

・・・・だから、愛を求め続けるのだろう・・・・

壊れた心で

にほんブログ村 恋愛ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ

↑クリックお願いします!

|

« 旧・ヲタク奮闘記13 | トップページ | さて・・・ »

コメント

普通じゃないですね。

投稿: 精神科に入院なさったら | 2006年11月27日 (月) 19時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« 旧・ヲタク奮闘記13 | トップページ | さて・・・ »